DX攻略部がリニューアルしました!

民泊・民宿のホームページの必要性とは?制作方法・活用方法を徹底解説【Web制作】

こんにちは、DX攻略部です。

新しく民泊のホームページを制作したいという方で、
「どのホームページ制作会社に依頼すれば良いのか?」
「どうやったらお得に制作できるのか?」
「民泊のホームページに必要な要素は?」
など、ホームページ制作に関するお悩みを持つ方も多いと思います。

また、業界についての知識を持っていないと、それを利用してぼったくりのような価格で契約させる業者なんかもいることがあります。

そこで土日休み.comでは、民泊向けのホームページ制作を検討している方のために、民泊のホームページに必要な要素と活用方法を解説したいと思います。

最近では、Airbnb(エアビーアンドビー)などのサービスも浸透してきて、民泊というものが馴染み深いものになってきました。需要があるからこそホームページを活用して、他の民泊と差をつけるためのWEB戦略をできるようにしましょう。

ホームページの必要性や制作目的についてよくわからない方は、こちらの記事を参考にしてください。

▼集客に強いおすすめのホームページ制作会社ランキングは、こちらの記事で紹介しています。

  1. 民泊・民宿のホームページの必要性
  2. 民泊などのホームページ制作に必要な要素
  3. ホームページを制作する方法

民泊・民宿のホームページの必要性

民宿・民宿のホームページは、なんのために必要なのでしょうか?

ホームページの必要性・目的について詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

▼なぜ企業にホームページは必要なのか?制作する目的から分かるHPの活用方法

考えられるホームページの必要性は、

  1. 詳しく知ってもらえる
  2. 信頼性の強化
  3. 集客を強化するため

目的①:詳しく知ってもらえる

自分たちのことをより深くしてってもらうためには、まとめて情報を発信することが必要不可欠です。

ポータルサイトだけでは伝えられない、民泊の雰囲気などの情報を詳しく発信することで、より多くの人に自分たちのことを知ってもらい興味を持ってもらうことができます。

問い合わせを受ける上で質問された内容や民泊の雰囲気などを分かりやすくまとめることで、ユーザーの疑問を解消できるサイトにすることも重要です。

また、あらかじめ問題を起こさないためにも、注意事項などを記載しておくことでお客さんの質を高めることにもつながります。

目的②:信頼性の強化

ホームページに記載した情報からユーザーを安心させることができれば、ユーザーからの信頼を得ることができます。

怪しい雰囲気の民泊と信頼できる民泊では、どちらの民泊に問い合わせをしたいと思うでしょうか?

信頼性を勝ち取るためには、相手を納得させるだけの情報が必要です。信頼性を勝ち取ることができれば、その後の流れもスムーズに進めることができます。

目的③:集客を強化するため

ホームページからユーザーの関心を得ることができれば、継続的な集客の流れを作ることにつながります。

集客の流れを作ることができれば、ポータルサイトに頼らない集客ルートの確保や安定した民泊の経営を行うことにつながります。

安定した集客の流れを作ることができれば、新しいビジネスを行うことにも役立ちます。

民泊などのホームページ制作に必要な要素

ここからは、民泊などのホームページに必要な要素について解説していきたいと思います。

民泊のホームページに必要なポイントは以下の3つです。

  1. 見た人が不安を覚えるデザインになっていないか
  2. 追加編集が書き易い構造になっているか
  3. 適切な情報が入っているか

それぞれ詳しく解説していきます。

必要な要素①:不安を感じさせないデザイン

民泊などの分野に限りませんが、お客様が店舗を選ぶ上での基準として一番信頼できそうな場所を選ぶはずです。

信頼できる場所のイメージを作るためにHPに必要な見た目の要素とは、

  1. 見た時に分かりにくいデザインになっていないか
  2. 不安を持たすようなアナログな色味のないデザインになっていないか
  3. 文字化けなどの不具合がないか

パッと見たときに不安を持たすようなアナログチックな色味のないデザイン、文字化けが起きていて不安を覚えさせるような文章。

要は相手に違和感を与えずにいかに信頼を築けるか、相手のファーストインプレッションに不快感を与えないデザインでないといけません。

必要な要素②:追加編集が可能なシステム

追加で教室の雰囲気や、生徒の成果情報などを追加したいときに追加編集ができるデザインになっているかなどは重要なポイントです。

ブログなどの形式で民泊の情報を載せたいと思ったときなど、追加編集を毎回業者に頼まなくてはいけない場合は、手間と費用がかかることがあります。

HPに変更点が加え易い構成になっているかは意識するべきポイントです。

必要な要素③:集客ができるサイト

ホームページを制作する目的というのは企業様によって異なると思いますが、根本的な目的はホームページを活用してビジネスに繋げたい、ビジネスの成果を伸ばしたいという方が多いと思います。

ただ、ホームページがあればいいと思う方もいるかもしれませんが、ホームページから集客を強化できる制作会社を選ぶことをおすすめします。

ほとんどの方がホームページ制作はどの会社も変わらないと思っているかもしれませんが、集客を意識した制作会社に依頼することで、利益を大きく伸ばすことができた企業様が多くいます。制作会社を選ぶ場合は、集客を意識したサイト制作ができる制作会社を選びましょう。

ホームページを制作する方法

ここからは、ホームページの制作方法について軽く解説しておきます。

詳しい解説は、こちらの記事で解説しています。

ホームページを制作する方法は、大まかに3つあります。

  1. 制作会社に依頼する
  2. フリーランスに依頼する
  3. 自分で制作する

方法①:ホームページ制作会社に依頼する

最も一般的な制作方法は、制作会社に依頼してホームページを制作してもらう方法です。

制作会社に依頼する方法が最も運営を成功させる近道と言えますが、制作会社といっても種類がたくさんあり、制作する目的にあったホームページ制作会社を選ぶことが重要です。

制作会社を選ぶ際は、最初にホームページを制作する目的を明確に、予算や制作会社との相性となどを確かめつつ、複数の会社に対して相談をすることをおすすめします。

おすすめのホームページ制作会社については、こちらの記事で詳しく解説しています。

▼おすすめのホームページ制作会社ランキング!

方法②:フリーランスに依頼する

二つ目は、フリーランスへ依頼する方法です。

最近では、フリーランスという言葉を聞く人も増えてきたのではないでしょうか?フリーランスへの制作依頼はエージェントを通したり、SNSを利用するといった方法がありますが、弊社としましてはおすすめはしておりません。

フリーランスに制作を依頼する場合は、依頼する側がホームページ制作の知識をある程度持っていて、フリーランスのエンジニアやデザイナーの仕事内容をしっかりと把握できてることが重要です。把握できていない場合、相手の力量を測ることができずに時間と労力を無駄にすることになります。

フリーランスのホームページ制作については、こちらの記事で詳しく解説しています。

▼ホームページ制作をフリーランスに依頼するために必要な知識

方法③:自分で制作する

三つ目は、自主的にホームページを制作するための知識をつけて制作する方法です。

最近では、無料で制作できるサービスも出てきたため、ホームページを制作する目的として名刺代わりのサイトが欲しい場合は、無料の制作サービスでも役割を果たすことができるかもしれません。

しかし、ホームページから何か成果を出したいと考えている方は、基本的に制作会社への問い合わせは無料なので、様々な制作会社に一度相談してみることをおすすめします。

無料のホームページ制作ツールについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

▼無料のホームページ作成サービスをまとめて紹介!

まとめ

ホームページ作成会社選びにおいて重要なのは、

その会社が、集客・マーケティングの知識があることユーザーに信頼感を与えるデザイン・コンテンツ作りができることです。

お試しで、格安サイトでホームページを作成するのも手ですが、インターネット上での、お店の窓口なのでよく考えて選びましょう!。


土日休み.comのHP制作サービスでは、集客を意識したサイト制作・運営を徹底します。


「会社のサイトを制作したけど、アクセスが全く集まらない・・」
「制作した費用を全く取り返せていない・・」
サイトを運営している方でこんな悩みを持っている方も多いのではないでしょうか?

 

土日休み.comでは、こういった企業様の悩みを解決するために、利益を生み出すサイトを制作することを徹底します。

サイトを制作することが重要なのではなく、そのサイトから本当に人を集めることができるのか?成果を生み出さないサイトでは、制作した意味がありません。

 

利益を生み出すまで、サイト運営を徹底的にサポートさせていただきます。

ほとんどの制作会社が何のためにHPを制作するのかを意識したサイト制作をできていません。私たちは徹底的に成果にこだわります。

 

サービスの詳細や無料お申込みは下の記事にまとめているので、現在ホームページ運営でお困りの方はご活用ください。