DX攻略部がリニューアルしました!

無料のホームページ制作サービスをまとめて紹介!【おすすめ16選】

こんにちは、DX攻略部です。

「ホームページを無料で作成する方法を知りたい」
「無料で作るサービスは何があるの?」
「それぞれに違いはあるの?」

今回は、こういった無料でホームページを制作したいと考えている方のために、無料でHPを制作できるサービスとその特徴をそれぞれ紹介しようと思います。

ホームページを制作したいけどなるべく費用を欠けずに制作したい、、、このように考える方もたくさんいると思います。

最近では、無料のサービスを利用して誰でもホームページを作成できるサービスがいくつかあります。そのサービスを利用すれば、費用を抑えてホームページを作成することができます。

ホームページを作成することができれば、会社としての社会的評価や集客を支える大きな力になります。今回の記事は、無料のホームページ制作サービスを利用して、WEB集客を強化したいという方の参考にしてもらえればと思います。

ホームページの必要性や制作目的についてよくわからない方は、こちらの記事を参考にしてください。

▼なぜ企業にホームページは必要なのか?制作する目的から分かるHPの活用方法

関連記事

こんにちは、DX攻略部です。ホームページを制作しようと考えている方の中で、「企業のホームページの必要性は?」「ホームページを制作する目的・役割は何?」「企業のホームページがないと困ることは何?」など、様々な疑問を持っ[…]

  • 無料のサービス紹介
  • サービスの特徴
  • 無料のサービスを活用する方法

などをできるだけわかりやすく、解説しようと思います!。

ホームページ作成サービスを選ぶ上でのポイントは?

様々なホームページ作成サービスを紹介する前に、ホームページ作成サービスの選び方について解説しようと思います。

ホームページ作成サービスを選ぶ際は、以下のようなポイントを意識して選ぶといいと思います。

  1. 作品例やテンプレートで比較
  2. 日本語でのサポート・コミュニティがあるか
  3. SEO対策などサイトの最適化がされているかどうか

①:作品例やテンプレートで比較

評価の基準として、自分たちがイメージしているサイトに似たものが作品例やテンプレートにあるかを確認しましょう。

どのサイト制作サービスもも無料でどういったテンプレートがあるのか?どういった作成例があるのか?などを先に確認することができます。

具体的なデザインの例としては以下のような違いがあるため、会社のイメージにあったサイトを作成できるかを確認しましょう。

  • 動きがスムーズなサイト
  • 画像をメインにしたサイト
  • ページ数を増やせるサイト

②:日本語でのサポート・コミュニティがあるか

サービスを比較する上で、日本語でのサポートやコミュニティがあるかを確認して置きましょう。

日本語でのサポートやコミュニティがあれば、制作を進めていく過程で圧倒的に制作をスムーズに進めることができます。

制作をしていく中で気になったことがあっても、英語での情報ばかりでは作業効率が悪くなってしまいます。日本でのアクティブユーザーが多ければ、そのサービスに関する多くの情報が共有されているはずです。

③:SEO対策などサイトの最適化がされているかどうか

そのサイト作成サービスが、SEO対策が行えるサイトかどうかを分析して見ましょう。

SEO対策とは、検索キーワードに対してユーザーをより多く集めるための対策であり、SEO対策を上手くすることができないとアクセスが集まらずサイトを作っても効果が得られない可能性があります。

SEO対策ができるサイトの条件として、

  • ドメイン名を変更できる
  • サイト速度が適切である
  • 外部アプリとの連携がとれる

SEO対策について知識がない方は、こういった点を意識して比較してみるといいと思います。

ホームページ制作サービスまとめ

ここからは、ホームページ制作サービスについて一つ一つ紹介していきます。

無料の制作サービスの利用を考えている方は、こちらの記事も参考にしてください。

▼低価格のホームページ制作が失敗する理由とは?

関連記事

こんにちは、DX攻略部です。「低価格のホームページ制作のデメリットは?」「安く制作できる理由は?」「上手く利用する方法はありませんか?」今回の記事では、こういった疑問を持ったサイト制作を検討している方のために、低価格[…]

サービス名値段最高課金額(月)ドメイン変更広告
Wix無料2,500円✖︎あり
strikingly無料49ドル✖︎なし
jimdo無料1,590円✖︎なし
Weebly無料25ドルなし
Zoho Sites無料1,800円あり
CLOUD LINE無料5,300円✖︎あり
Ameba Ownd無料960円なし
BiNDup無料(1ヶ月)9,800円✖︎なし
web node無料2,000円✖︎あり
ペライチ無料2,980円なし
Crayon無料2,900円✖︎あり
忍者ホームページ無料120円✖︎あり
FC2ホームページ無料300円なし

wix

作品例を見る

無料のサイト制作サービスといえば、「wix」というぐらい有名なサービスですね。現在は、ユーザー数1億人を超えており、世界中で多くの人に使われています。

多彩なテンプレート、優れたサイト分析機能など月額2500円以下でこのクオリティーのサービスは他にはありません。

最近では職種に合わせたテンプレートも多数用意されており、ユーザーはドラッグ&ドロップのみで簡単に作成を進めることができます。

HTMLやCSSなどの知識がある方のために、作業用エディターがあるのもポイントです。

プラン料金(月)広告独自ドメイン容量追加機能
フリー0円ありなし500MBなし
ドメイン接続500円ありあり500MBなし
ベーシック900円なしあり3GBなし
アドバンス1,300円なしあり10GBあり
VIP2,500円なしあり20GBあり

strikingly


作品例を見る

そこまでメジャーなサービスでは、ないかもしれませんがとても優秀なサイト作成ツールだと思います。

ほとんどのテンプレートが1ページのみのデザインであり、企業のコーポレートサイトとしては使いやすいデザインが多いです。海外では、フリーランスの方のポートフォリオとして利用されるケースが多いです。

サイトの作成例を見て自分の想像しているサイトと同じようなデザインがあるか確認して見ましょう。

プラン料金(ドル/月)広告独自ドメイン容量追加機能
フリー0なしなし500MBなし
LIMITED8.00ドルなしあり無制限あり
Pro16.00ドルなしあり無制限あり
VIP49.00ドルなしあり無制限あり

jimdo


作品例を見る
Jimdoに存在するテンプレートは、主に画像をメインとしたレイアウトで組まれていることが特徴的です。

そのため、アパレルや画像を中心としたサイトデザインを求めている方に適しています。

Jimdoはドイツを拠点とした海外企業ですが、日本法人はKDDIが管理しているため日本語でのサポートが充実していることも日本のユーザーが使いやすいポイントです。

また、元々Jimdoを使ったオフラインでのユーザー同士のサポートをきっかけに、JimdoCafeと言われるJimdoの制作サポート付きのカフェが全国50箇所以上で運営されており、日本国内のコミュニティの大きさも感じることができます。

プラン料金(ドル/月)広告独自ドメイン容量追加機能
PLAY0なしなし500MBなし
START8.00ドルなしあり無制限あり
GROW16.00ドルなしあり無制限あり

Weebly

Weeblyはシンプルで直感的なイメージを伝えるのに優れたテンプレートを多く利用できます。

個人サイトとして利用する方や、企業のランディングページとして利用したい方におすすめです。シンプルでオシャレなデザインが多いため、アパレル系の企業様やテック系の企業様に合うかもしれません。

特にショップ機能が豊富なため、ECショップなどの役割を考えている方もおすすめです。

しかし、Weeblyはサンフランシスコを拠点にしている企業であり、日本語でのサポートは現在受け付けていないためその点は注意しておきましょう。

プラン料金(ドル/月)広告独自ドメイン容量追加機能
フリー0ありなし500MBなし
ドメイン接続5.00ドルありあり500MBなし
Pro12.00ドルなしあり無制限あり
ビジネス25.00ドルなしあり無制限あり

Zoho Sites


作品例を見る

zohoが提供するサイト作成ツールです。zohoでは、企業のマーケティングを支援するための様々なwebツールを提供しています。

デザインとしては、海外を軸にしているため日本ではあまりないデザインのものが多いです。

また、日本でのアクティブユーザーの数はそこまで高くないため、サポート体制などに気を付ける必要があります。

プラン料金(月)広告独自ドメイン容量追加機能
フリー0円ありあり無制限なし
スターター480円なしあり無制限なし
プロ1800円なしあり無制限なし

CLOUD LINE


作品例を見る
CLOUD LINEでは、250以上のテンプレートから自分でサイトを制作することができます。

圧倒的なテンプレート数で、多くのユーザーの要望にあったサイトを制作することができる様になっています。デザインに徹底したこだわりがない場合、CLOUD LINEには要望を叶えたサイトを低価格で作成できるチャンスがあります。

しかし、無料のプランのみしかないため広告がサイトに表示されてしまうことを把握しておきましょう。

プラン料金(月)広告独自ドメイン容量追加機能
無料プラン0円ありなし500MBなし

Ameba Ownd

作品例を見る
Amebaブログなどで有名なAmebaが手掛けているサービスであり、日本でのアクティブユーザーが多く日本人が使いやすいサービスになっています。

Amebaのアカウントを持っている方は、すぐに利用することができます。

デザインはシンプルなものが多いため、企業のコーポレートサイトとしては向いていないといった印象です。

ブログ形式のオウンドメディアを作成したい方におすすめです。

▼オウンドメディアとは?必要性・役割を解説

関連記事

こんにちは、DX攻略部です。「オウンドメディアとは?」「オウンドメディアの優れた点は?」「オウンドメディアはなぜ必要なの?」今回の記事では、こういった疑問を持っている方のために、オウンドメディアとはどういったものかを[…]

プラン料金(月)広告独自ドメイン容量追加機能
ベーシック0円ありなし500MBなし
プレミアム980円なしあり無制限あり

BiNDup


作品例を見る

BiNDupでは、オリジナルでサイトを制作したのと何ら変わりないサイトを制作することができます。

加入した月は無料でサービスを利用できるため、一度試して見るのはどうでしょうか?機能を上手く使うことができれば、普通の人では格安のサービスだとは気付くことはないと思います。

プランの性能の違いは大きくは変わりませんが、アクセスできるユーザーの数がプランによって異なるのポイントです。

プラン料金(月)広告独自ドメイン容量追加機能
フリー(1ヶ月のみ)0円なしなし1GBなし
基本2,980円なしあり300GBなし
ビジネス9,800円なしあり1TBなし

web node


作品例を見る

webnodeはシンプルでわかりやすいサイトを制作したい方におすすめです。

デザインは、オンラインショップ、個人用ページ、ビジネス用ページの三つに主に分類されます。

最近は、日本語でのサポートも充実してきているため、シンプルで使いやすいツールを探している方におすすめです。

プラン料金(月)広告独自ドメイン容量追加機能
フリー0円ありなし100MBなし
LIMITED378円ありあり100MBなし
MINI629円ありあり500MBなし
STANDARD1,299円なしあり2GBあり
PRO2,099円なしあり5GBあり

ペライチ


作品例を見る

ペライチでは、職業ごとに合わせたテンプレートなどを利用することができます。

テンプレートに同じ職業が合った場合、すぐにホームページを完成させることができます。

ただ、名前の通りページの1ページのみでサイトが構成されているため、サイトに記載したい情報量が多い方には向かないかもしれません。

プラン料金(月)広告独自ドメイン容量追加機能
スタートプラン0円なしなし500MBなし
ライトプラン980円なしあり500MBなし
レギュラープラン1,980円なしあり3GBあり
ビジネスプラン2,980円なしあり10GBあり

Crayon


作品例を見る

Crayonは、スマートフォン端末のみで作成できるサイト作成サービスです。

他の無料サービスに比べて、デザインが素人チックになってしまう可能性が高いため、LPや期間限定の広告として利用したい方におすすめです。

機能・性能ともに他のサービスと比べると目劣りしますが、スマートフォンのアプリから簡単に作れるといったメリットがあります。

プラン料金(月)広告独自ドメイン容量追加機能
フリープラン0円ありなし3ページなし
ライトプラン900円ありあり30ページあり
プロプラン2,900円なしあり300ページあり

無料ホームページ作成スペース

無料ホームページ作成スペースでは、ホームページ制作に関するネットワークの知識やHTML・CSSといったサイトを構成しているプログラミング言語の知識が少し必要になってきます。

勉強できる自信がある方か、知識を持っている方と一緒に制作するつもりの方におすすめのサービスです。

FC2ホームページ

FC2ホームページは、他の制作サービスとは異なりHTMLやサーバーの知識が必要になります。

そのため、自由度が高く上手く設定をすれば自分の想像通りのサイトを作成することができます。

HTMLなどの知識を持っている方であれば、様々なサイトに作成方法が掲載されているのでそれらを参考にしながら作成を進めることができます。

プラン料金(月)広告独自ドメイン容量追加機能
無料0円ありあり500MBなし
有料110円なしあり5GBなし

忍者ホームページ


忍者ホームページは、忍者ブログや忍者アクセス解析など様々なWEBマーケティングサービスを提供しています。

こちらのサイトを作成するためには、HTMLやCSSといったプログラミングの知識が多少必要になってくることを把握しておきましょう。

プラン料金(月)広告独自ドメイン容量追加機能
無料0円ありあり500MBなし
有料120円なしあり5GBなし

ECサイト

ECサイトに特化したサイトについても紹介しておきます。

以下のサービスを利用すれば、自分たちで簡単にネットショップを立ち上げることができます。

ECサイト制作サービスは、ECサイトを作成すること自体に費用はかかりませんが、取引手数料として売り上げのいくらかをサービスサイトに払う形になります。

STORES


STORESの無料プランでは、最大15個のアイテムを掲載することができます。

顧客ごとの購入履歴やアクセス解析など、ECサイトを運営する上で必要な機能が全て揃っています。

プラン料金(月)手数料独自ドメイン容量追加機能
無料0円5.0%なし15アイテムなし
スタンダード1,980円3.6%あり無制限あり

BASE


BASEでは、誰でも簡単にオリジナルのネットショップ・ECサイトを作ることができます。

Instagramとの連携など、WEBマーケティングに必要なアプリ機能が満載なことから、多くの方がBASEを利用して個人ショップを作成しています。

アクセス解析機能といったものもあるため、ユーザーからどのくらいの反応をもらうことができているのかなども確認することができます。

プラン料金(月)手数料独自ドメイン容量追加機能
無料0円3.6%+40円あり500MBなし

Shopify

Shopifyは、アマゾンや楽天などから販売店舗を自社サイトに移す流れを加速させている、世界中で使われるECサイト作成サービスです。

デフォルトのテーマだけでも十分なデザインを多数備えているため、すぐにECサイトを開設することができます。

プラン料金(ドル/月)手数料独自ドメイン容量追加機能
ベーシック29.00ドル3.4%あり無制限なし
スタンダード79.00ドル3.3%あり無制限あり
プレミアム299.00ドル3.25%あり無制限あり

*サービス登録より、最初の14日間無料

無料サービスはなぜ無料なのか?

無料のサービスは、なぜ無料なのでしょうか?

無料でサービスを提供できる理由を知っておくことで、デメリットを把握しておきましょう。

サイトに広告が表示される

無料で利用できる理由として、サイト内に広告がおかれるというのがあります。

運営しているサービスが、サービス利用者のサイトに広告を配置することによって利益を生み出すことができます。

企業サイトなどで他の企業の広告が表示されたりすると、ユーザーは違和感を感じますよね。広告がつくサービスは個人などで利用する場合以外は、向いていないかもしれません。

一部のユーザーの課金

一部のユーザーが課金することでサービスが成り立っている場合もあります。

他のユーザーが費用をかけなくても、一定数のユーザーが課金することで無課金のユーザーのクオリティーを保っている。

webサービスにおいてこういった運営をしているサービスはいくつもあります。

課金することを前提に提供されている

基本的な使用料金は無料だけど、追加で料金を支払う前提のサービスというものがあります。

追加で料金を払わないとうまくカスタマイズできなかったり、選択できるデザインの種類が少ないといった問題が生じます。

つまり、無料のプランはあくまで興味を持ってもらうためのもので、課金前提で行われているサービスも多いです。

無料のサービスを使う上でのテクニック

無料のサービス自体は、上手く活用することでオリジナルで作成したのと何ら変わりないサイトを制作することもできます。

無料のサービスを最大限に利用するための方法を解説します。

  • サービスの機能を徹底的に把握しよう
  • 用途に合わせたサイト利用をする
  • ドメイン名を変えられるものは変えよう

テクニック①:サービスの機能を徹底的に把握しよう

まずは、機能を徹底的に把握しましょう。

それぞれのサービスに得意なことと不得意なことがあり、サイトの拡張性もそれぞれ違っています。サイトの機能を全て使いこなすことができれば、無料のサービスとは思えない様なクオリティーのホームページを作ることができます

そのサービスを最大限使える様に努めましょう。

テクニック②:用途に合わせたサイト利用をする

ホームページサービス自体にはいいところがあるのに、利用者の用途によってうまく機能しないといった問題が発生します。

ランディングページとしての機能なら上手く利用できるのに、メインサイトとして無料のサービスを活用するといったミスマッチ、ジャンルによってはレイアウトがオリジナルのものでなくてはいけないのに、無理やりそのサービスを利用して作成する。

こういった問題が起きないためには、サービスに合わせたサイトの利用方法をすることが重要です。

テクニック③:ドメイン名を変えられるものは変えよう

サービスによっては、ドメイン名を変えられるものがあります。

ドメイン名とはサイトのURLのことで、無料サービスなどの場合そのサイト独自のURLが付与される場合が多いです。このドメイン名をオリジナルのものにするだけで、他の同じ無料サービスを利用して作られたサイトと差をつけることができます。

無料サイト制作を利用する際は、ドメイン名を変更することを視野に入れましょう。

まとめ

今回は、インターネット上にある無料・格安のサイト作成サービスについて解説しました。

上手く活用することでサイト作成費用を抑えられたり、用途に合わせて複数のサイトを作成することもできます。サービス一つ一つは最大限機能を生かすことで、オリジナルで作成したサイトに負けないくらいのクオリティーを出すこともできます。

ぜひ一つ一つのサービスの特徴を把握して、用途にあった利用をしましょう。