DX攻略部がリニューアルしました!

コンテンツマーケティングの費用相場はどのくらい?広告と比較したメリットを解説

こんにちは、土日休み.com運営部です。

「コンテンツマーケティングの業務内容は?」
「どのような効果があるの?」
「対策費用はどのくらいですか?」

今回の記事では、こういった疑問を持ったマーケティング対策を検討している方のために、コンテンツマーケティングの効果・費用について解説していきます。

この記事を見れば、知識がゼロの方でもコンテンツマーケティングについての全体像を把握できるようになるはずです。

  • コンテンツマーケティングは何をするの?
  • 広告と比較したメリット?
  • コンテンツマーケティングの費用

などをできるだけわかりやすく、解説しようと思います!。

コンテンツマーケティングは何をするの?

まずは、コンテンツマーケティングにどのような業務があるかを把握しておきましょう。

コンテンツマーケティングの業務には以下のようなものがあります。

  • 目標設定 ・・・達成したい目的を決める
  • ペルソナ定義 ・・・ターゲットユーザーを決める
  • キーワード分析 ・・・ターゲットユーザーに届くキーワードの分析
  • コンテンツ作成 ・・・ライターなどを雇いコンテンツを作成
  • SNS運用  ・・・LINE@など運用しファンを増やす
  • アクセス解析 ・・・サイトを分析し改善点を見つける

コンテンツマーケティングの目的は、商品・サービスの潜在ユーザーに対して有益な情報を提供することによって、自分たちの存在を知ってもらいそこから成約に結びつけることです。

そのために、情報を届けたいユーザーの属性は?どういった誘導経路にするのか?などユーザーをスムーズに成約に至るように様々な戦略を行います。

▼コンテンツマーケティングについての詳しい解説はこちらの記事で解説しています。

広告運用より優れている点は?

最近では、特にコンテンツマーケティングに力を入れている企業も増えてきました。

様々な企業がコンテンツマーケティングに力を入れる中で、コンテンツマーケティングと広告運用を比べることで、コンテンツマーケティングのどういった点が優れているのかを解説しようと思います。

『広告運用より優れた点』

  1. 集客効率がいい
  2. コンテンツは資産
  3. ブランド・ファンの獲得
  4. 敷居が低い

①:集客効率がいい

一つ目の広告より優れている点は、広告を運用するより集客効率がいい点です。

一般的なリスティング広告と言われるアクセス毎に紹介者に報酬が入るような広告では、ユーザーの検索キーワードによって広告の適性を判定し、それにあった広告が表示される仕組みになっています。
コンテンツマーケティングを行った場合は、広告の適性判断と比較して判断する情報量が多いためよりユーザーの属性を絞ったサイト集客を行うことができます。

つまり、一般的な広告よりも断然効率よく目的のユーザーに情報を届けることができるということです。

②:コンテンツは資産になる

二つ目は、広告運用が費用を消費するのに対して、コンテンツマーケティングは資産形成になる点です。

広告運用では、広告代理店に広告掲載費用を支払いお金を「消費」する形になりますが、コンテンツマーケティングでは、コンテンツ作成にお金を「投資」する形になります。

コンテンツマーケティングでサイト運営を行った場合、そのサイトへのアクセスを集めることができれば、集客の柱として会社の資産にすることができます。良質なコンテンツを作成すればするほどサイトの価値は高くなるため、消費とは違い成果が蓄積されるのがポイントです。

③:ブランド・ファンの獲得

三つ目は、有益な情報をユーザーに届けることでブランドとファンを獲得することができる点です。

広告運用では、ユーザーとの関係性を形成することは難しいかもしれませんが、良質なコンテンツをユーザーに届けることで、「この情報と言えば、あのサイト」といった、ブランドを手に入れることができます
また、こういったブランドを手に入れることができれば、「その情報はこのサイトがオススメ。」といった、ユーザー同士の拡散がおきファンの形成を作ることもできます。

④:敷居が低い

四つ目は、広告運用に比べて費用や規模に柔軟性があるため導入する際の敷居が低い点です。

広告を運用しビジネスの成果を出すためにはそれなりに費用がかかります。しかし、その割には思っていた成果が期待できなかったというのがほとんどです。また、コンテンツマーケティングとは違い、広告運用はお金を「消費」するため一歩足を踏み入れるのに抵抗がある企業様も多いと思います。

コンテンツマーケティングであれば、小規模から運営を始めることができたり、一度サイトを形成してしまえばほとんどメンテナンスをしなくても、ユーザーを確保することもできます。Googleの仕様によってコンテンツマーケティングのやり方も変化していくかもしれませんが、一度できたアクセスの流れは簡単に無くなることがないのも強みです。

コンテンツマーケティングの費用

ここからは、様々な企業を分析した結果から分かったコンテンツマーケティングにかかる費用相場に関して解説していきます。

先に主な作業ごとの費用相場をまとめました。

費用の目安主な業務内容
3〜6万円・コンテンツ作成費用(一つ)
30~70万円・メディアサイト制作
30~100万円・集客代行(月)
・総合的な運用
20~50万円・LP制作
20~50万円・SNS運用

どのくらいの費用がかかると考えるべき?

コンテンツマーケティングの部署を自社で作った場合、最低三人はサイトを運営していく上で必要だと考えられる点と、様々なコンテンツマーケティングの費用相場を比較したところ、コンテンツマーケティングを行うためには、
初期費用:30~70万円、月々:20~50万円ほどの費用がかかると考えられます。

しかし、この月々の費用は半年後には半分ほどに落としても十分な運営ができるほどにはなっていると考えられます。コンテンツマーケティングは一度良質なコンテンツを一定数作成すれば、その後は以前の半分ほどの更新頻度でもサイトの運営を良好に保つことができます。

結果が出るまでに一定の期間がかかるかもしれませんが、その後に投資した費用以上の集客の流れを作ることができます。

まとめ

今回は、コンテンツマーケティングを広告運用費用と比較しながら、実施するための費用相場を調査してみました。

自社でマーケティング部署を作りサイトやSNSを運営していくこともできますが、費用対効果を考えたら専門の企業に任せてしまった方が早く高クオリティーなコンテンツマーケティングを行うことができる可能性が高いです。

費用と相談して企業に適した方法でコンテンツマーケティングを行いましょう。


土日休み.comのHP制作サービスでは、集客を意識したサイト制作・運営を徹底します。


「会社のサイトを制作したけど、アクセスが全く集まらない・・」
「制作した費用を全く取り返せていない・・」
サイトを運営している方でこんな悩みを持っている方も多いのではないでしょうか?

 

土日休み.comでは、こういった企業様の悩みを解決するために、利益を生み出すサイトを制作することを徹底します。

サイトを制作することが重要なのではなく、そのサイトから本当に人を集めることができるのか?成果を生み出さないサイトでは、制作した意味がありません。

 

利益を生み出すまで、サイト運営を徹底的にサポートさせていただきます。

ほとんどの制作会社が何のためにHPを制作するのかを意識したサイト制作をできていません。私たちは徹底的に成果にこだわります。

 

サービスの詳細や無料お申込みは下の記事にまとめているので、現在ホームページ運営でお困りの方はご活用ください。

土日休み.comの集客コンサルティング

 土日休み.comでは、集客のコンサルティグを行っています 

  1. 集客代行
  2. web技術を理解したサイト運営
  3. 中長期的な流入の確保

ビジネスで最重要な集客の窓口をサイト作成から手伝います

webサイトを運営しても思うようにユーザーが増えない、ユーザーはある程度いるが成約までうまく持ち込めない。

そういったところを、web開発など技術的なことを理解した視点から手伝わせて頂きます。
詳しく知りたい方はぜひご連絡ください!。