DX攻略部がリニューアルしました!

ホームページ制作会社の種類を知っていますか?【WEB制作】

こんにちは、土日休み.com運営部です。

ホームページ制作を依頼しようと考えている方で、下記のような疑問を持っている方もいるのではないでしょうか?

「ホームページ制作会社の特徴には何があるの?」
「ホームページを依頼する場合の制作形態の種類は?」
「ホームページ制作会社を選ぶ上で気をつけることは?」

都内だけでも数百とあるホームページ制作会社を闇雲に調べても、それぞれの企業の何が違うのか、どういった制作会社が信頼できるのかといったことが比較しにくいと思います。

今回の記事では、こういった疑問を持っている方のために、ホームページ制作会社の種類・特徴を解説していきます。

この記事を見れば、数百あるWEB制作会社の良いところと悪いところを見分けることができるようになります。

  • WEB制作の制作形態・会社の属性
  • ホームページ制作会社の特徴・種類
  • ホームページ制作会社を選ぶ際にすべきこと

などをできるだけわかりやすく、解説しようと思います。

ホームページ制作形態の属性

最初にどのような、ホームページ制作形態の属性があるかを解説していきます。

  • フリーランスへの依頼
  • 広告代理店への依頼
  • WEB制作専門の会社への依頼

フリーランスへの依頼

フリーランスとは、制作会社などとは違い個人の方に制作を依頼する形態になります。最近では、様々なフリーランスとの仲介サービスがあるため、比較的メジャーな選択肢にはなってきました。

この形態のメリットは、制作費用を格段に抑えることができる可能性があることと、フリーランスならではの柔軟な対応をしてもらえることです。

デメリットとしては、法人ではないため制作放棄などの費用を騙される可能性が高くなったり、技術力を見極めるのに個人の裁量が必要になってくる点です。

フリーランスの需要が高まるにつれて、フリーランスエンジニアの質が悪くなってしまうのは避けられない事実です。そのため、利用者は依頼するエンジニアのデザイン性やエンジニアリングスキルなどを見分ける力がないと、依頼しても希望していたサイトを制作してもらえない可能性があるため気をつけましょう。

メリット・フリーランス特有の柔軟な対応
・制作費用を安く抑えらる
デメリット・制作を放棄される可能性が高くなる
・技術力を見分ける必要がある。

 

フリーランスのホームページ制作に関する解説は、こちらの記事で詳しくしています。

▼ホームページ制作をフリーランスに依頼するために必要な知識

広告代理店・デザイン会社への依頼

広告代理店やデザイン系の会社がマーケティング戦略の一環でWEB制作を請け負っている形態です。

この場合のメリットは、デザインからサイト構成までユーザーを意識したサイト制作を行ってくれることや、広告運用といったWEBマーケティングに精通した業務も得意とする傾向にあることです。

デメリットとしては、広告代理店などでWEB制作を依頼すると一般的な相場より制作費用が高額になることや、システム開発といった追加機能にスムーズに対応してもらえない場合があることです。

メリット・デザイン力が高い
・WEB広告の運用方法などに詳しい
デメリット・制作費用が高額になる傾向にある
・技術的に追加機能などは難しい

WEB制作を専門としている会社への依頼

最後は、WEB制作を主要業務として扱っている制作会社です。

メリットとしては、主要業務であることから制作をスムーズに行ってくれることや追加機能などのサイトに必要なことは全てカバーしてくれる技術力を持っていることです。

デメリットとしては、制作工程に慣れていることからやりとりが雑な制作会社が存在したり、低価格のクオリティーの低い制作会社があることです。

メリット・スムーズな制作を依頼できる
・優れたサイトを制作するための技術力がある
デメリット・テンプレート化された制作会社が多い
・低価格 and 低いクオリティーには注意

ホームページ・WEB制作会社の種類別の特徴まとめ

ここからは、大まかなWEB制作会社の特徴や方針の種類を紹介し、それぞれの良いところと依頼する際に気を付けるポイントを紹介します。

  1. 集客に特化した制作会社
  2. 特定の職種・業界に特化した制作会社
  3. デザインに特化した制作会社
  4. システム開発を売りにする制作会社
  5. 低価格が売りの制作会社

①: 集客に特化した制作会社

集客に特化した制作会社では、サイトを制作した後のサイト運営を上手く進める点で優れています。

多くの人がサイトを制作した後にこれといった対策もしないことが原因で、インターネットからの集客がうまくいかない傾向にあります。それでは、せっかくサイトを制作してもその費用が無駄になってしまいます。

そうならないためにも、集客に特化した制作会社にサイト制作を依頼することで、サイトを制作した後に費用以上の利益を生み出すための対策を行うことができます

『集客特化した会社のメリット』

  1. サイトを使って集客することができる
  2. 制作費用を有効活用することができる

依頼する際に気を付けるポイント

依頼する際に気を付けるポイントは、集客・SEO対策のために行われる業務の仕組みを理解してから契約に進みましょう。

集客・SEO対策は様々な方法があります。その上で無駄なSEO対策をしても意味がありません。その対策をして、どのような成果があるのか?そういったところを明確にできる制作会社を選びましょう。

② :特定の職種・業界に特化した制作会社

特定の職種・業界に特化した制作会社では、その分野において必要なホームページの要素などを把握しているため、その分野を熟知したホームページ制作を行ってもらうことができます。

その業界に必要な機能や、その業界特有のSEO対策やホームページに記載して良い法律上の規制事項など一般的な制作会社では、手続きに問題が起きる可能性があることをあらかじめ回避することができます。

『業界特化のメリット』

  1. 豊富な経験によるスムーズな制作が可能
  2. 問題が起きる可能性を低くできる

依頼する際に気を付けるポイント

気を付けるポイントは、その業界・分野において制作実績があるからといって、集客などの他のWEB対策が上手くいっているかを確認することです。

サイトを制作する目的がそのサイトを利用して成約数を伸ばしたいなどの場合は、その制作会社が集客にどのくらい注力しているかなども判断基準に入れてから選択しましょう。必ずしも、特定の分野を専門にした制作会社が優れているとは限りません。

③ :デザインに特化した制作会社

デザインに特化した制作会社では、その企業やサービスの印象を鋭く伝えらるようなデザインに凝ったサイト制作を行ってくれます

他社とは違い、よりオリジナリティーを含んだデザインや効果的なキャッチコピーなど独自性を追求したい方におすすめです。しかし、デザイン系の制作会社では費用が高い割に、ビジネスの成果を出すことに焦点を置いていないため、ビジネス成果が出にくい可能性もあります。

『デザイン会社のメリット』

  1. 直感的にユーザーにイメージを届けられる
  2. 他社との差別化を行える

依頼する際に気を付けるポイント

デザインが主軸の制作会社では、比較的に他社と比べて高額な費用がかかる傾向にあるにも関わらず、SEO対策やシステム設計などの技術的な部分で他社より劣っている場合があります。

事前にその制作会社が追加機能をする際にどのくらいの費用がかかるのかなどを把握し、技術力があるかを確かめておきましょう

④ :システムを売りにする制作会社

システムを売りにする制作会社では、安心安定なサイト設計を行ってもらえます。

主軸がシステム開発であるため、コンプライアンスの徹底や保守管理のテンプレート化など厳格化された中で安定したサイト制作を行ってもらえます。また、サイトに独自のシステムを開発し導入して欲しいといった場合も対応できる技術力がある場合が多いです。

『システム会社のメリット』

  1. 技術力ベースの制作
  2. 安定した制作

依頼する際に気を付けるポイント

システム会社であるため、要望通りのシステムを開発しお客様に納品するのが役割です。そのため、デザイン性や制作した後のビジネスサイドにおいて弱い場合があるため、制作のみではなく制作した後の運営方法も教えて欲しい場合は他の制作会社を探した方がいいかもしれません。

⑤: 低価格が売りの制作会社

低価格が売りの制作会社では、一般的な価格より格安で制作を依頼することができます。

格安でサイト制作を依頼することができることから、予算が少ない方や試しにホームページを制作してみたいという方におすすめです。また、低価格でありながら通常2~3ヶ月かかるサイト制作を一週間以内に完了することが多く、制作期間が短いことも早急にホームページが欲しい方にとっては利点の一つです。

『メリット』

  1. 低予算でも制作できる
  2. 制作期間が短い

依頼する際に気を付けるポイント

低価格なものでも、ホームページとしての役割を果たせるものは多くありますが、WEBサイトはインターネット上のサービスや企業の顔になります。

サイトの性能なども考えた上で、低価格のサービスではそこまでのクオリティを期待することはできません。制作会社を選ぶ際は先行投資の意識を持って制作会社を選ぶことをお勧めします。

低価格が売りのホームページ制作会社を上手く利用する方法は、こちらの記事で解説しています。

▼低価格のホームページ制作が失敗する理由とは?

ホームページ制作会社を選ぶ上で気をつけること

最後にホームページ制作会社を選ぶ際に特に気にをつけるべきポイントを解説しようと思います。

  1. 費用内訳があやふやな制作会社は気を付けよう
  2. 制作した後のことを考えて制作会社を選ぼう
  3. 相見積もりをしよう

より詳しいホームページ制作会社の選び方は、こちらの記事で解説しています。

▼ホームページ制作会社の選び方とは?

①:費用内訳があやふやなホームページ制作会社は気を付けよう

一つ目は、見積もり費用の内訳があやふやな制作会社には気をつけましょう。

デザイン性のサイトを制作するにしても、デザイン費用がいくらでサーバーやドメイン費用はどのような金額で見積もられているのか?

そういったところがあやふやな企業と取り引きを行うと損をする可能性が高くなります。ディレクションの費用などどのように算出した結果の見積もりなのか、より詳細の見積もりを出してもらえる制作会社を選びましょう

②:ホームページを制作した後のことを考えて選ぼう

二つ目は、サイトを制作した後のことを考えて制作会社を選びましょう。

サイトを制作することが目的ではなく、そのサイトを利用してどのようなビジネスにつなげていくかが最も重要なサイトを制作する目的です。自社で運営を進めていくのか?それとも、専門知識やサイト運営にさく人材がいないため、運営を制作会社に依頼するのか?

制作をした後のサイトのあり方を考えて制作会社を選びましょう。

③:相見積もりをしよう

三つ目は、最低三社ほどは見積もり依頼や制作会社の比較をしましょう。

他の制作会社と比較することで、その会社の良いところや悪いところを知ることができることもありますが、制作会社側が適切な制作費用を提示してきているかの確認を行うことができます。

制作費用も安くはありません。その先行投資を無駄にしないためにも、サイトを利用して目的を達成するために最適な制作会社を選びましょう。

まとめ

今回は、ホームページ制作会社の種類、どのようなホームページの制作依頼方法があるかを解説しました。

ホームページ制作会社といっても、それぞれの会社に専門としている・得意としている分野があったり、経験が豊富な分野といったものがあります。

制作する目的を達成するために、最も最適なホームページ制作会社はどういったものかを考えながら、制作会社を選ぶようにしましょう。

ホームページ制作会社の比較は、こちらの記事で紹介しています。


土日休み.comのHP制作サービスでは、集客を意識したサイト制作・運営を徹底します。


「会社のサイトを制作したけど、アクセスが全く集まらない・・」
「制作した費用を全く取り返せていない・・」
ホームページを制作した多くの企業様から、こういった相談を受けることがありました。

 

土日休み.comでは、こういった企業様の悩みを解決するために、利益を生み出すサイトを制作することを徹底します。

サイトを制作することが重要なのではなく、そのサイトから本当に人を集めることができるのか?成果を生み出さないサイトでは、制作した意味がありません。

 

利益を生み出すまで、サイト運営を徹底的にサポートさせていただきます。

ほとんどの制作会社が何のためにHPを制作するのかを意識したサイト制作をできていません。私たちは徹底的に成果にこだわります。

 

サービスの詳細や無料お申込みは下の記事にまとめているので、現在ホームページ運営でお困りの方、これから制作を検討している方はご活用ください。