DX攻略部がリニューアルしました!

【2022年最新】Social Insight(ソーシャルインサイト)の料金や評判は?導入のメリット・デメリットを徹底解説!

こんにちは、DX攻略部です。

今回は、ソーシャルメディア解析ツールの1つである「Social Insight(ソーシャルインサイト)」について解説します。

今やTwitterやInstagramのようなSNSと呼ばれるソーシャルメディアは、インターネット上でマーケット展開する企業においては必要不可欠なものの1つになっています。

この記事では、そんなSNSを効率的に運用するためのツールである「Social Insigt」の特徴や料金、評判などについて解説しています。効率的なSNS業務を行いたい方やこれからSNS業務を導入しようとしている方はぜひ参考にしてください。

Social Insight(ソーシャルインサイト)とは?

Social Insightとは、株式会社ユーザーローカルが運営しているSNS業務を効率化する運用・解析ツールです。

多くのSNSに対応しており、複数のSNSアカウントを一括管理できたり、予約投稿ができたり出来るようになります。

また、日本最大規模の2600万以上のアカウントデータを蓄積しており、競合他社のアカウントと比較できるので、NTTドコモや楽天などの大手企業も多数導入しています。

Social Insightの特徴

Social Insightの特徴は、以下の通りになります。

  • SNS上でのキャンペーンの自動化
  • 複数のSNSアカウントの一元管理
  • SNS上の口コミを調査して、リスク回避
  • 膨大な蓄積したデータによって比較できる

SNS上でのキャンペーンの自動化

TwitterやInstagramなどで行うキャンペーンの応募者のデータの収集や当選者への連絡の文面の作成などを自動で作成してくれます。これによってSNS担当者の業務が低減されます。そして、そのデータを分析しレポートの作成も簡単に行えるようになっています。

複数のSNSアカウントの一元管理

会社で持っている複数のSNSアカウントを一元管理し、それぞれのSNSを開く必要がなく1画面でコメントを投稿することができます。また、予約した時間に投稿することもできますので、計画的に反響が多い時間帯に投稿できます。

SNS上の口コミを調査して、リスク回避

あらかじめ検索キーワードを登録しておけば、膨大な口コミデータからその情報を抜き出し、分析、視覚化してくれます。急に多く上がってきた発言にはその理由を分析し、メールでお知らせしてくれる機能もありますので、炎上を早い段階で察知できます。

膨大なデータによって比較できる

Social Insightは日本最大規模のアカウントデータを蓄積しています。そのため、競合他社のデータと自社のデータを比較できます。競合他社や自社にはどのようなファンがいて、どれだけ増減しているか、また、どんな投稿が有効なのかを知ることができます。

Social Insightの料金

Social Insightの料金プランは、「ビジネス版」と「エンタープライズ版」の2種類が存在します。ホームページ上では公表しておらず、詳細な料金について知りたい方は資料請求をしていただくようになっています。

Social Insight(ソーシャルインサイト)の評判・口コミ

Social Insightの評判・口コミについて調べてみました。

『良い評判・口コミ』

  1. 主要なSNSを網羅していて、複数のSNSアカウントを一括で網羅出来て便利
  2. 競合他社アカウントとの比較が簡単にできる
  3. レポートの作成が簡単になった

複数あるSNSアカウントが一元管理できるおかげで、SNS業務が楽なったとの意見が多かったです。

『悪い評判・口コミ』

  1. 導入を検討する際に、他のサービスとの比較ができる情報をオープンにしてほしい
  2. 国外のSNS(Weibo、Wechatなど)に対応していない

Social Insightを導入した人は肯定的な意見が多かったのに対し、導入するまでの段階での不満が多かったです。

SNS分析ツールが他にも多くある中で、Social Insightは比較するのに必要な金額などの情報を資料請求しないとみれません。その一手間がわずらわしく思えてしまうのでしょう。

また、Social Insightは国内で使われているSNSには多く対応していますが、国外、例えば大規模市場である中国のSNSに対応していないことも世界市場を相手にしている企業にとっては、否定的な意見がありました。

Social Insightを導入するメリット・デメリット

Social Insightを導入するメリット・デメリットは以下の通りです。

Social Insightを導入するメリット

『メリット』

  1. SNSキャンペーンを人員を割かずにできる
  2. 口コミ分析でリスク回避ができる
  3. 投稿予約ができるので事前作っておいて、反響が多い時に投稿できる

SNSキャンペーン人員を割かずにできる

SNS上でのRT&フォローでプレゼントキャンペーンを手動でやろうとすると手間と時間がものすごくかかります。しかし、Social Insightを導入すれば、ほとんどの作業を自動でやってくれるのでその分他の作業をすることができます。

口コミ分析でリスク回避ができる

口コミの中からリスクに関するキーワードを抜き出し、一定の数に達した場合に自動でお知らせしてくれるSocial Insightの「風評監視メール」機能によって炎上が大きくなる前に対応することができます。

投稿予約ができるので事前に作っておいて、反響が多い時に投稿できる

どの時間に投稿すれば、より効果的な反響のある投稿になるかがSocial Insightの分析からわかるので、効率的なSNS運用ができます。また、その時間に合わせて予約投稿もできるので、事前に投稿内容を作って予約しておけば忙しくてその時間に投稿が間に合わないということがありません。

Social Insightを導入した際のデメリット

『デメリット』

  1. 投稿管理できないものもあるので注意
  2. 検索キーワードの数に上限があるので、全てを網羅できるわけではない

投稿管理できないものもあるので注意

Social Insightには投稿管理ができないものがあります。例えば、LINEの投稿、Twitterのリツイートや引用RTなどが管理できないので注意が必要です。安心していると思わぬところで炎上することもあるかもしれませんので注意が必要です。

検索キーワードの数に上限があるので、全てを網羅できるわけではない

Social Insightの検索キーワードの数には、上限があります。そのため、使い方によっては足りなくなってしまいます。

また、いつまでも同じキーワードで登録していると最適な分析が出来ているとは限らないので、定期的にキーワードの見直しや更新をするようにしましょう。

Social Insightが向いている会社と向いていない会社は?

では、Social Insightはどのような会社に向いているのでしょうか?

Social Insightが向いている会社

『向いている会社』

  1. SNS業務の効率化したい会社
  2. 競合他社が多く、比較したい会社
  3. これからSNS業務を始めたい会社

Social Insightは、SNS業務の効率化を図るツールです。そのため、SNS業務を行なっている、行おうとしている会社におすすめします。

そして、2600万ものアカウントデータが蓄積されているので、競合他社のアカウントやフォロワーを分析し、自社や競合アカウントのファンの増減、ファン属性分析ができますので、比較したい会社にも向いています。

Social Insightが不向きな会社

『不向きな会社』

  1. 中国を拠点にしている、または、今後中国を中心にマーケティングを行いたい会社
  2. SNS業務をしていない会社

Social Insightは中国系のSNSに対応していません。そのため、中国を拠点に活動していきたい会社には向いていません。

また、当然のことながらSNS業務をしていない会社にもSocial Insightは向いていません。

まとめ

今回は、Social Insightの概要や評判について解説しました。

SNSを活用したマーケティング戦略をしたいけどどうすればいいのかわからないと迷っているのであれば、複数のSNSを管理・分析ができるSocial Insightの導入をぜひご検討してみてください。

SNS運用はしていないけど、ビジネスにLINEを活用したい、興味があるという方は下の記事を参考にしてください。

【2022年最新】LINE WORKSの料金や評判は?導入のメリット・デメリットを徹底解説!