DX攻略部がリニューアルしました!

【2022年最新】HubSpot(ハブスポット)の料金や評判は?導入のメリット・デメリットを徹底解説!

こんにちは、DX攻略部です。

「HubSpotってどんなサービス?」

「HubSpotの料金や評判は実際どうなの?」

HubSpotの導入を考えていらっしゃる方の中には、上記のような悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回の記事では、HubSpotの特徴や評判、料金などを中心にご紹介いたします。

HubSpot(ハブスポット)とは?

HubSpotとは、アメリカのHubSpot社が提供するクラウド型のソフトウェアで、営業やマーケティング、カスタマーサービスを支援するものです。

世界120ヵ国で、12万社以上に利用されている世界的にも有名なソフトウェア。

従来の、アウトバウンドでのマーケティングではなく、インバウンドのマーケティング実現のために作られたソフトウェアで、インバウンドマーケティングに必要な機能が全て備わっています

HubSpotの特徴

HubSpotには5つのツールがあり、それぞれに特徴があります。

  • Marketing Hub
  • CMS Hub
  • Sales Hub
  • Service Hub
  • Operations Hub

1つずつ見ていきましょう。

Marketing Hub

Marketing Hubは、文字通りマーケティングに関わる機能を集約したツールです。

ブログやLPの作成から、広告・ソーシャルメディアの管理、Webチャットによる見込み客の創出、キャンペーン・トラフィックの分析など一貫したマーケティング活動が可能になるのが特徴です。

見込み客の獲得がしやすくなる上、打ち出した施策のROIを算出することができるため、最適なマーケティングを実現可能

CMS Hub

CMS Hubは情報発信コンテンツを作成・管理・運用するためのツールです。

Webサイトの作成編集を始め、ローカル環境でのウェブ開発、チャットやレポートの作成などが可能。

SEOについてのアドバイスを受けたり、チームやサイトを監視するツールも使用できます。

安全かつ信頼性の高いサイトを作成できることが特徴。

Sales Hub

Sales Hubは営業を支援するCRM(Customer Relationship Management)です

短期間で多くの契約を獲得、成立させることが可能な機能を搭載。

メールサービスとの外部連携を始め、見込み客とのコミュニケーションツールや情報提供ツールなどがあり、営業担当者の生産性などのデータを管理することで、今後の取引予測なども可能にしています。

営業支援に特化した機能を搭載していること、営業を効率化できることが特徴です。

Service Hub

Service Hubは顧客のサポート業務を支援するツールです。

カスタマーポータルやウェブチャットで、顧客とのコミュニケーションを図ることはもちろん、運用側でも、チャネルの一元化やチケット管理など様々な支援機能が備わっています。

案件クローズまでの時間など、細かい部分まで分析することで顧客満足度の向上を見込めます

Operations Hub

Operations Hubは文字通り、オペレーション支援ソフトウェアです。

部署間で隔たりがあるデータを管理し、最新の情報を自動で整理するなどビジネスプロセスを、1つのCRMのプラットフォームで管理できる点が特徴。

各部署間共通のシステムを立てることで、情報伝達などを始め業務効率化を実現することが可能です。

HubSpotの料金

HubSpotでは上記の5つのツールそれぞれに、Starter・Professional・Enterpriseプランが用意されています。

下記表にまとめましたのでご覧ください。

ツール名Marketing HubSales HubService HubCMS HubOperations Hub
プラン/料金
※一括支払いの場合
Starter ¥5,400/月

Pro ¥96,000/月

Enter ¥432,000/月

Starter ¥5,400/月

Pro ¥54,000/月

Enter ¥144,000/月

Starter ¥5,400/月

Pro ¥54,000/月

Enter ¥144,000/月

Starter ¥2,700/月

Pro ¥43,200/月

Enter ¥144,000/月

Starter ¥5,400/月

Pro ¥86,400/月

Enter ¥240,000/月

また、上記のプランの他に無料プランもそれぞれのツールごとに用意されており、限定的ではありますがいくつかの機能を利用することが可能です。

HubSpot(ハブスポット)の評判・口コミ

続いてHubSpotの評判・口コミについてみていきましょう。

『良い評判・口コミ』

  1. 感覚的に操作でき、シンプルかつ安い
  2. 外部連携に強い
  3. 無料プランでも十分な機能

『悪い評判・口コミ』

  1. 慣れるまでに時間がかかる
  2. ヘルプデスクの返信が遅い
  3. 日本語訳が曖昧な部分がありUIに少し問題あり

HubSpotの良い評判としては、シンプルな操作性・機能と比較した際の料金の安さが多く挙げられていました。

また、無料プランでも十分なほど使える機能が豊富である、外部連携も充実しているなどの声も。

反対に悪い評判としては、機能が豊富+海外産のためUIが日本人に優しくない点があり、慣れるまでに時間がかかるとの意見がありました。

ヘルプデスクなどの返信も遅いようですので、ある程度は自立して運用できるノウハウなどが必要になるでしょう

HubSpotを導入するメリット・デメリット

続いて、HubSpotを導入するメリとデメリットについてみていきましょう。

まずはメリットから。

HubSpotを導入するメリット

『メリット』

  1. インバウンドマーケティングを効果的に行うことができる
  2. 無料プランでも機能が充実している
  3. 必要な機能のみを導入可能で、コストを削減できる

HubSpotを導入するメリットは上記の3つ。

その中でも、特にインバウンドマーケティングを効果的に進められる点が最大のメリットでしょう。

HubSpot社の会長兼共同創業者であるブライアン・ハリガンは、同社CTOのダーメッシュ・シャア「インバウンドマーケティング」を紹介する本を共同で著述しているため、インバウンドマーケティングに必要な機能の全てがHubSpotに集約されています

また、様々な機能がAll in Oneで備わっているものの、使用する機能はカスタマイズすることができ、コストを削減することも可能。

続いてデメリットをみていきましょう。

HubSpotを導入した際のデメリット

『デメリット』

  1. 最大限活用するためには無料版では不十分
  2. UIが日本人向けでない部分がある

デメリットとしては、上記の2点が挙げられます。

1つ目が無料版では不十分な点。

もちろん無料版でも十分なほどの機能を利用することができますが、企業規模などによってHubSpotを最大限活用したい場合にはやはり不十分でしょう。

また、アメリカで開発されたソフトウェアなため、UIの所々に日本人には優しくない点があります。

慣れるまでには少し時間がかかるでしょう。

HubSpotが向いている会社と向いていない会社は?

最後にHubSpotが向いている会社と向いていない会社についてみていきましょう。

まずは向いている企業から。

HubSpotが向いている会社

『向いている会社』

  1. コストを抑えたい
  2. 初めてCRM・SFA・MAツール導入を検討している
  3. SEO対策に注力したい

HubSpotは、無料プランでも使用できる機能が豊富であることに加え、3つのプランが用意されていること、必要な機能のみを選んで使用できることなど、自社に合わせて柔軟にカスタマイズすることが可能

無料プランで試しつつ、幅を広げたい場合には有料プランに移行するなど、コストを最大限抑えながら導入することができます。

また、段階的に機能を導入できる点から初めてCRMなどのツール導入を検討している会社にもおすすめ。

そして、SEO対策においてもHubSpotはおすすめです。

SEO対策・モバイル対策などが標準搭載されていることに加え、分析を行うこともでき、さらにはSEOに対するアドバイスを受けることも可能。

PDCAを速められるため、中長期的にもSEO対策に注力したい企業に向いていると言えるでしょう。

続いて、HubSpotが不向きな会社についてみていきましょう。

HubSpotが不向きな会社

『不向きな会社』

  1. 予算にそこまで余裕がない
  2. 運用工数を割くことができない

HubSpotに不向きな会社の特徴は上記の2点です。

HubSpotは、カスタマイズが柔軟に可能なためコストを絞りながら運用することもできますが、様々な機能をフル利用しようとした場合には、ランニングコストは決して安くはありません。

場合によっては他のツールの方が安価に済む可能性もあるため、比較検討が必要です。

また、HubSpotは機能の豊富さ故、運用には工数がかかります

専任の担当者を立てられなかったり、社内での運用プロセス伝達などが適切に整備できかったりすると、本来の機能を最大限活かし切ることはできません。

ですので、導入する場合にはそれ相応の工数がかかることを考慮する必要があります。

まとめ

今回の記事では、HubSpotの特徴や料金、評判などについて解説しました。

HubSpotはインバウンドマーケティングを一貫して支援するために作られたソフトウェアで、様々な機能を自社に合わせて柔軟に利用することが可能です。

無料プランでも、初期運用には十分なほどの機能を利用することができますので、導入を検討している企業がいらっしゃいましたら、まずは無料プランから利用を始めることがおすすめです。

今回の記事を参考に、HubSpotの導入を検討してみてはいかがでしょうか。