DX攻略部がリニューアルしました!

【2022年最新】SocialDog(ソーシャルドッグ)の料金や評判は?導入のメリット・デメリットを徹底解説!

こんにちは、DX攻略部です。

今回は、Twitterアカウント管理ツール「SocialDog(ソーシャルドッグ)」の料金や評判、導入した際のメリット・デメリットにどういった会社に向いているのかを解説します。

マーケティングツールとしてTwitterを利用している、もしくはこれからTwitterを利用しようとしている会社はぜひご覧ください。

SocialDog(ソーシャルドッグ)とは?

まずはSocialDogの特徴や料金について解説していきます。

SocialDogの特徴

SocialDogは、株式会社SocialDogが提供しているTwitterアカウント管理ツールです。

Twitterをマーケティングツールに活用している個人から企業まで利用できるサービスで、2021年時点で70万以上のアカウントがSocialDogを利用しています。

  • 効率化・自動化
  • フォロワー増加・エンゲージメント向上
  • 運用サポート

SocialDogはTwitterのツイートを自動でおこなってくれます。

具体的には、設定した日時にツイートをおこなう「予約投稿」や、あらかじめ設定した曜日・時間にツイートをためておく「予約枠」などがあります。

また、Twitterのアカウントを運用する上でフォロワーの獲得は欠かせません。

SocialDogはフォロー管理機能で、フォロワーを効率よく集める事が可能です。

さらに、SocialDogではフォロワー数やツイートに対する反応(エンゲージメント)を簡単に分析することができます。

サポート機能も充実しているので、いままでTwitterを利用してこなかった方でも簡単に運用することができます。

SocialDogの料金

SocialDogには4つのプランがあり、それぞれ月額払いと年額払いで利用することができます。

  • Lite・・・無料
  • Lite+・・・1,280円/月
  • Pro・・・5,980円/月
  • Business・・・12,800円/月

それぞれTwitter1アカウントごとの契約となります。

Lite(無料)とLite+は個人向け、ProとBusinessは企業向けとなっています。

また、Lite+・Pro・Businessプランはすべて7日間の無料で試すことが可能です。

SocialDog(ソーシャルドッグ)の評判・口コミ

ここでは、SocialDogを実際に使った方の評判・口コミをまとめていきます。

『良い評判・口コミ』

  1. 予約投稿で作業効率が上がる
  2. フォロワー数の増減がグラフでわかる
  3. 無料版でも個人で使うなら問題ない

『悪い評判・口コミ』

  1. プランによって使える機能の差が大きい
  2. 管理画面が複雑

SocialDogに関する良い口コミの中でも一番多かったのが「予約投稿で作業効率が上がる」というものです。

予約投稿自体はブラウザ版のTwitterでもできますが、SocialDogではさらに簡単に予約投稿が可能です。

しかも、予約ツイートを複数設定したときも管理が楽なので、そういった点が評判もいいと考えられます。

また「フォロワー数の増減がグラフでわかる」という点も、Twitter公式アプリにはない機能なので、いい口コミが多くありました。

対して、悪い口コミで多く見られたのが「プランによって使える機能の差が大きい」というものです。

特に無料版はフォロー管理や分析機能がフル活用できないので、その点で評判が悪かったです。

ただし「無料版でも個人で使うなら問題ない」という口コミも見られたため、使用する機能が少ないとあらかじめわかっている際は、無料版や安いプランでも問題ないでしょう。

SocialDog(ソーシャルドッグ)を導入するメリット・デメリット

ここからは、SocialDogを導入するメリット・デメリットをまとめていきます。

SocialDogを導入するメリット

『メリット』

  1. 予約投稿が気軽にできる
  2. Twitterルールに100%準拠しているため安全
  3. 高度な分析ができる

SocialDogを導入する1番のメリットは「予約投稿が気軽にできる」という点でしょう。

SocialDogはあらかじめ指定した日時にツイートするように予約することができる他、フォロワーがツイートにどれだけ反応してくれたかがわかります。

そのため、とくにTwitterをマーケティングツールとして運用している企業であれば、例えばフォロワーからの反応が多い曜日や時間にツイートできます。

また、SocialDogはTwitterで定められているルールに100%準拠しているサービスなので、普通に使用しているだけではアカウントが凍結や削除されることはありません。

SocialDogを導入した際のデメリット

『デメリット』

  1. 無料版だと使える機能の制限が大きい
  2. Twitter以外のSNSには使えない

デメリットの1つとして、「無料版だと使える機能の制限が大きい」という点が挙げられます。

とくに分析機能は有料版と比べて細かい分析ができないので、分析機能を活用したい方は有料版を導入する必要があります。

また、SocialDogはTwitter専用のアカウント管理ツールです。

FacebookやInstagramといったほかのSNSでは利用できないのがデメリットでしょう。

SocialDog(ソーシャルドッグ)が向いている会社と向いていない会社は?

ここまでSocialDogの特徴や導入するメリット・デメリットなどをご紹介してきましたが、それを踏まえて向いている会社と向いていない会社をまとめると以下の通りです。

SocialDogが向いている会社

『向いている会社』

  1. マーケティングツールとしてTwitterを利用している・利用しようとしている会社
  2. フォロワーが増えてきて管理が大変な会社
  3. なかなかTwitterでのマーケティングが上手くいっていない会社

SocialDogは、マーケティングツールとしてTwitterを利用している会社や、これから利用しよう考えている会社に向いています。

まだアカウントの規模が小さくても、無料版で様々な機能が使用できるのでおすすめです。

また、現時点でTwitterを利用しているがなかなかTwitterでのマーケティングが上手くいっていない会社にも、SocialDogはおすすめです。

有料版で利用できるツイート分析やフォロー管理で、ターゲットを絞り込んでのマーケティングが可能になります。

SocialDogが不向きな会社

『不向きな会社』

  1. マーケティングツールとしてTwitterを利用していない・利用するつもりがない会社

SocialDogが不向きな会社は、「マーケティングツールとしてTwitterを利用していない・利用するつもりがない会社」です。

SocialDogはTwitter専用のアカウント管理ツールなので、当然Twitterを利用していなければ導入する必要がありません。

逆に言ってしまえば、SocialDogはTwitterを利用している会社であればほぼ必須レベルのツールです。

はじめは無料版や14日間のお試し期間で、使用感を確かめてみるのがおすすめです。

まとめ

今回は、Twitterアカウント管理ツール「SocialDog」の特徴や評判などを見てきました。

最近ではSNSでマーケティングを行う企業が増えています。

まだSNSを活用していない企業はそのための第一歩として、まずはTwitter+SocialDogでのマーケティングを行ってみてはいかがでしょうか。