DX攻略部がリニューアルしました!

Googleタグマネージャーのイベントトラッキングの設定方法とは?

こんにちは、DX攻略部です。

webページを運営するに当たり、訪問者が何をクリックし、どの資料をダウンロードしたのかを把握することは重要なことです。

しかしながら、Googleアナリティクスのデフォルト設定では、ページの遷移を伴わない行動(イベント)を計測することができません

そこで登場するのが、Googleタグマネージャーです。Googleタグマネージャーを使えば、Googleアナリティクスでは計測できないページの遷移を伴わない行動(イベント)を計測することができます

今回の記事では、Googleタグマネージャーを使ったイベントトラッキングの設定方法をご紹介します。

Googleタグマネージャーとは?

GoogleタグマネージャーはGoogleが無料で提供しているツールで、タグを一括で管理することができます

Googleタグマネージャーを使えば、HTMLを編集せずにタグを管理することができるので、タグの編集管理時間を大幅に短縮できるのです。

以下の記事では、Googleタグマネージャーの機能や、導入方法について詳しく解説していますので、興味のある方は合わせてご覧ください。

関連記事

こんにちは、DX攻略部です。Webサイトの運営にあたり、計測ツールや広告配信ツールといったマーケティングツールの導入は不可欠です。しかしながら、変化の激しいWebマーケティングの環境では、複数種類のマーケティングツールを導入[…]

イベントトラッキングとは?

イベントトラッキングとは、URLの遷移を伴わない行動(イベント)を測定する機能のことです。

URLの遷移を伴わない行動には、以下のものがあります。

  • Webサイト内に掲載されているPDFデータのダウンロード
  • 外部サイトへのリンクのクリック
  • 電話番号のクリック 
  • Webサイト内の動画の再生回数
  • ページの読了率 など

また、イベントトラッキングを設定することで、ページ内に複数設定されている同一のリンクのうち、どのリンクが多くクリックされているかということも測定することが可能となります。

このように、イベントトラッキングを使うことでより高度なWeb解析を行うことが可能です。

これらの行動はGoogleアナリティクスの通常の設定では測定されず高度な設定を行う必要がありますが、Googleタグマネージャーを使うことによりイベントトラッキングを簡単に設定することができます

イベントトラッキングの設定方法について

Googleタグマネージャーを使ったイベントトラッキングの設定方法を解説します。今回は、「外部サイトへのリンクのクリック」のトラッキングを設定していきます。

設定の流れは、以下の4ステップです。

  1. 変数の設定
  2. トリガーの設定
  3. タグの設定
  4. 公開して動作確認

それぞれのステップについて詳しく説明します。

ステップ1:変数の設定

Googleタグマネージャーのワークスペースのトップページで「Variables(変数)」をクリック

クリックしたら、「Configure(設定)」をクリック

クリックすると、変数が表示されるので「Pages(ページ)」と「Click(クリック)」の全てにチェック

これで変数の設定は終了です。

ステップ2:トリガーの設定

次にトリガーの設定を行います。

Googleタグマネージャーのワークスペースのトップ画面で「Toriggers(トリガー)」をクリック

クリックしたら、右上にある「New(新規)」をクリック

「Torigger Configuration(トリガーの設定)」の右上にあるペンマークをクリック

クリックすると、トリガーのタイプを選択するページが表示されます。今回は、外部サイトへのリンククリックのトラッキングを目的としているので、「リンクのみ」をクリック

なお、「全ての要素」では画像や、リンクではないテキストの設定を行えます。

トリガータイプの設定では、以下のように設定します。

なお、「This Torigger fires on(トリガーの発生場所)」の設定で、特定の条件を付けたい場合は、「一部のリンククリック」にチェックを入れると詳細な設定を行うことができます。

設定し終えたら、右上にある「Save(保存)」をクリックして、トリガーの設定を保存しましょう。

これで、トリガーの設定は終了です。

ステップ3:タグの設定

最後は、タグの設定を行います。

Googleタグマネージャーのワークスペースのトップ画面で「Tags(タグ)」をクリック

クリックしたら、右上にある「New(新規)」をクリック

「Tag Configuration(タグの設定)」の右上にあるペンマークをクリック

タグのタイプを選択するページが表示されるので、「Googleアナリティクス・ユニバーサルアナリティクス」をクリック

トラッキングタイプで「イベント」を選択し、「カテゴリ」「アクション」「ラベル」「値」を設定していきます。なお、「ラベル」と「値」は任意です。

「このタグでオーバーライド設定を有効にする」にチェックを入れ、GoogleアナリティクスのトラッキングIDを入力します。

ステップ2で設定したトリガーを選択し、保存すればタグの設定は終了です。

ステップ4:公開して動作確認

外部サイトへのリンクのクリックはプレビューモードでは動作確認できないため、公開した後自分でクリックして正しく測定されるか確認する必要があります。

正しく動作していることが確認できたら、イベントトラッキングの設定完了です。

トリガーの変数の種類

イベントトラッキングを設定する際のトリガーの変数には様々な種類が存在します。

トリガーの変数名内容
Click Elementクリックされたタグの要素
Click Classesクリックされたタグのクラス属性
Click IDクリックされたタグのID属性
Click Targetクリックされたタグのターゲット属性
Click URLクリックされたタグのURL
Click Textクリックされたタグのテキスト

測定したい要素に合わせてトリガーの変数を設定しましょう。

まとめ

今回は、Googleタグマネージャーを使ってGoogleアナリティクスのイベントトラッキングを設定する方法について解説しました。

イベントトラッキングを設定するとより詳細なWeb解析が可能となります。Googleタグマネージャーを使えば簡単に設定することができますので、この記事を参考にイベントトラッキングを設定してみてください。