DX攻略部がリニューアルしました!

Googleアナリティクスで検索キーワードを確認する方法と「not provided」について

こんにちは、DX攻略部です。

ウェブサイトのアクセス数などを知ることができるGoogleアナリティクスは、実は流入ワードや流入ページを把握することもできます。

「自分のウェブサイトを訪れているユーザーがどんなワードで検索して流入しているのか」を知ることは、ウェブ解析やSEOの改善をする上で欠かせません。

今回はGoogleアナリティクスで検索キーワードを確認する方法と、その際の問題点としてよく挙がる「not provided」について解説します。

Googleアナリティクスとは?

Googleアナリティクスとは、Googleが提供する無料アクセス解析ツールです。

どういった人がウェブサイトを訪れたのか、どこからウェブサイトに来たのか、ウェブサイトのどのページを見ているのか……といったデータを収集・記録し、ウェブサイトの改善に役立てることができます。

詳しい解説は以下の記事で行っているので、気になる方はぜひご覧ください。

関連記事

こんにちは、DX攻略部です。自社サイトの運営やウェブ広告の運用をするにあたって、ウェブ解析は欠かせません。そのウェブ解析を行う上で必要なのが「Googleアナリティクス」です。「名前は聞いたことあるけど使っていない」[…]

Googleアナリティクスでユーザーの検索キーワードを確認する方法

ユーザーの検索キーワードは、Googleアナリティクスの画面左にある「集客」メニューから見ることができます。

「集客」→「キャンペーン」→「オーガニック検索キーワード」で、ウェブサイトに流入してきたユーザーの検索キーワード一覧が表示されます。

上から検索された数が多い順にキーワードが並んで表示されるようになっています。

ただし、この画面の一覧ではほとんどの場合「(not provided)」が一番上に表示される、もしくは「(not provided)」しか表示されないことが多いです。

検索キーワードの「not provided」とは?

not provided」は、簡単に言ってしまえば「キーワードを取得できなかった」という意味で、検索キーワードがわからない状態を指します。

キーワードが取得できない主な原因は、プライバシー対策により検索エンジンが検索ワードを提供しなくなったことが挙げられます。

特に近年、GoogleやYahoo!などの検索エンジンがSSL暗号化通信を採用したため、Googleアナリティクスだけで検索キーワードを取得するのは難しくなりました

ただし、「not provided」で見れなくなっている検索キーワードを見る方法はいくつかあります。

1番簡単な方法は「Googleサーチコンソール」を利用することでしょう。

Googleサーチコンソールでは、「ユーザーがGoogle検索でどんなワードで検索したか」や、「検索した結果どのような表示になったか」などを知ることができます

Googleアナリティクスとともにウェブ解析にはほぼ必須のツールなので、これを機会に導入してみてはいかがでしょうか。

Googleサーチコンソールで具体的に検索キーワードを見るには、解析したいウェブサイトとの連携後、Googleサーチコンソールの画面の「検索結果」→「クエリ」を開きます。

ただし、検索キーワードの集計はウェブサイトとの連携後になります。

Googleサーチコンソール連携前に検索されたキーワードは見ることができないので、注意が必要です。

検索キーワードからサイトを改善していくには?

検索キーワードを行うことで、ウェブサイトを訪れているユーザーの心理をある程度知ることができます。

具体的にいえば検索キーワードは、ユーザーが何が知りたいのか、何がほしいのか、どんな悩みを持っているのかがストレートに表現されている貴重な情報源です。

そんなユーザーの悩みをウェブサイトで実際に解決できるのか、求めているものをちゃんと与えられているかがウェブ解析をする上で重要なことです。

例えばユーザーが「〇〇について知りたい」と思い、Googleで「〇〇」と検索した結果、自社のウェブサイトを訪れたとします。

しかし、そこで「〇〇」についての情報が不十分であった場合、そのユーザーは二度とウェブサイトを訪れることはなくなります。

さらに、そういった検索結果と実際のコンテンツに差異が生じていると、SEO的にも不利になります。

ウェブサイトを訪れているユーザーが求めている情報とウェブサイトのコンテンツに差異がないように、日々ウェブ改善を行う必要があります。

まとめ

今回は、Googleアナリティクスで検索キーワードを確認する方法と、「not provided」についてかんたんに解説しました。

記事中で何度も言っている通り、流入ワードを知ることはウェブサイトへの集客において非常に大切です。

定期的に検索キーワードを調査し、その都度ウェブサイトの改善を行っていきましょう。