DX攻略部がリニューアルしました!

Googleアナリティクスで計測が反映されない時の原因と対処法について

こんにちは、DX攻略部です。

ウェブサイトにGoogleアナリティクスを設置した際、何らかの理由で計測データが正しく反映されないことがあります。

今回は、計測が反映しない時の原因と対処法を詳しくご紹介します。

Googleアナリティクスとは?

Googleアナリティクスとは、Googleが提供しているアクセス解析のためのツールです。

ウェブサイトの訪問者がどこからたどり着いたのか、どのページを閲覧したかなどのデータを解析し、ウェブサイトの改善の参考となります。

面倒な設定が不要で、Googleアナリティクスから指定されたコードをウェブサイトの決められた場所へコピー&ペーストするだけで、無料で解析が利用できます。

詳しい利用方法などは下記の記事を参照ください。

関連記事

こんにちは、DX攻略部です。自社サイトの運営やウェブ広告の運用をするにあたって、ウェブ解析は欠かせません。そのウェブ解析を行う上で必要なのが「Googleアナリティクス」です。「名前は聞いたことあるけど使っていない」[…]

Googleアナリティクスの計測が反映されない時の原因と対処法

Googleアナリティクスを導入したものの、計測値が反映されていない事があります。

ここでは、反映されない原因と対処法をお伝えしていきます。

  • トラッキングコードが正しく設置されていない
  • トラッキングIDが誤っている
  • Googleアナリティクスのフィルタ設定で除外されている

トラッキングコードが正しく設置されていない

Googleアナリティクスは、アカウント登録後に発行される「トラッキングコード」をウェブサイト上に設置する必要があります。

このトラッキングコードを設置し忘れたり、正しい場所に設置していない場合には、計測が反映しません。

トラッキングコードの設置方法については、各ウェブサイトを作成時に使用しているソフトやツール毎に異なりますが、設置場所は計測したいウェブページの終了タグ</head>の直前で一致しています。

トラッキングコードが正しく設置されているかを確認する方法があるのでご紹介します。

Googleアナリティクスにログインし、中央の「プロパティ」列の「トラッキング情報>トラッキングコード」をクリックします。

トラッキングIDの隣に「ステータス」の欄があり、「過去○時間にトラフィックデータを受信しています」と表示されていれば、正しく設置されています。

「トラッキングがインストールされていません」と表示されている場合は、トラッキングコードが正しく設置されていませんので、再度見直しを行いましょう。

トラッキングIDが誤っている

次に、トラッキングIDが誤っている場合です。

トラッキングIDは、ウェブサイトひとつずつ異なるIDが付与されます。

複数のウェブサイトを運営している場合などは、間違って他のサイトのIDを貼り付けているという可能性もあるので確認してください。

確認方法は前述したGoogleアナリティクス内の「プロパティ」列の「トラッキング情報>トラッキングコード」をクリックします。

「UA-*********-*」(*は数字)という文字列で表示されているのがトラッキングIDです。

Googleアナリティクスのフィルタ設定で除外されている

最後に、Googleアナリティクスのフィルタ設定で除外されている場合です。

関連記事

こんにちは、DX攻略部です。今回は、Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外し、正確な数値を測定する方法をご紹介します。特に難しい操作はありませんので、ぜひ参考にしてください。Googleアナリティクスを導入した[…]

上記記事でご紹介していますが、Googleアナリティクスの計測時に「自分を除外する」という方法があります。

この設定を行った際に、自分以外のアクセスも除外してしまっている可能性があるので、確認しましょう。

Googleアナリティクスへログインし、「設定(歯車のマーク)>ビュー>フィルタ」を選択します。

設定しているフィルタを削除したい場合は、右側の「削除」をクリックすると消す事ができます。

なお、一旦削除を行っても、再度追加をする場合は「既存のフィルタを適用」という項目で、一度設定したフィルタを呼び出すことが可能です。

まとめ

今回は、Googleアナリティクスで計測が反映しない時の原因と対処法をお伝えしました。

正しく設定を行えば、設置後24時間経過後から計測を開始してくれますので、今回ご紹介した内容を確認し改めて確認してみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。