DX攻略部がリニューアルしました!

Googleアナリティクスのイベントトラッキングとは?設定方法を解説!

こんにちは、DX攻略部です。

Googleアナリティクスでは目標(コンバージョン)設定から、ウェブサイトに訪れたユーザーがどれくらいその目標を達成したか、目標を達成したユーザーがどんな属性か、どんな経路で来たかなどを見ることができます。

しかし、それはあくまでウェブサイト内のページ遷移で完結する場合のみで、ページ遷移を伴わない行動については通常の設定では計測できません。

そこで活用するのが「イベントトラッキング」という機能です。

今回はイベントトラッキングがどういったものなのかや、具体的な設置方法について解説します。

Googleアナリティクスのイベントトラッキングとは?

Googleアナリティクスのイベントトラッキングとは、その名の通りウェブサイト内のイベント(行動)をトラッキング(追跡)する機能です。

Googleアナリティクスでは通常、同サイト内のページ遷移については自動で集計してくれますが、URLが変わらない同ページ内でのイベントについては集計してくれません

そういったときに活用するのがイベントトラッキングです。

イベントトラッキングでは、同一ページでのユーザーの行動をより詳細に計測することができます

Googleアナリティクスで設定できるページ遷移を伴わないイベントは、非常に豊富です。

  • 外部リンクをクリックした数
  • 電話ボタンをクリックした数
  • ファイルをダウンロードした数
  • 動画を再生した数
  • 入力フォームにカーソルを合わせた数

さらにGoogleアナリティクスでは、複数のイベントを設定することも可能です。

イベントトラッキングの設定方法

イベントトラッキングを設定するには、はじめにウェブサイト上で発生したイベントをGoogleアナリティクスに送信するための専用のイベントトラッキングタグをウェブサイトのHTMLに記述する必要があります。

ただし、Googleアナリティクス導入時に設置したトラッキングコードによって、タグの記述が異なります

トラッキングコードは導入した時期によって、analytics.jsタイプとgtag.jsタイプの2つがあります。

設置したトラッキングコードがどちらのタイプなのかは、Googleアナリティクスの「管理→プロパティ→トラッキング情報」から確認できます。

どちらのタグも、HTML上にある計測するリンクやボタンに追加します。

ここでは、クリックやタップされたときに計測を実行してくれる「onClick」タグを例に見ていきましょう。

analytics.jsの場合

計測したいリンクやボタンのタグに、以下のイベントトラッキング専用タグを追加します。

onClick=ga(‘send’, ‘event’, [eventCategory], [eventAction], [eventLabel], [eventValue]);

カッコ内の‘send’、‘event’はそのまま記載します。

eventCategoryは、イベントを分類するための名称を任意で設定します。

例えば電話ボタンであれば「tel」、ダウンロードボタンであれば「download」といった感じです。

eventActionは、イベントを発生するための行動を任意で設定します。

click(クリック)やtap(タップ)、play(動画の再生)など、わかりやすい名前をつけましょう。

eventCategoryとeventActionは必ず記述する必要があります。

その後にあるeventLabelとeventValueは、それぞれ「イベントを細かく分類する際の名前」と「1回のクリックに対しての価値」を設定しますが、記述は任意なのでなくてもOKです。

以上を踏まえて、「予約用のダイヤルボタンのタップ数」を計測したい場合は、以下のような記述となります。

onClick=ga(‘send’, ‘event’, ‘tel’, ‘tap’, ‘reservation’, ‘0’);

gtag.jsの場合

gtag.jsの場合は、イベントトラッキング専用タグが少し複雑になります。

onClick=gtag(‘event’, ‘event_name’, {[‘event_category’: ‘categoryName’], [‘event_label’: ‘labelName’], [‘value’: ‘actual_value’] });

設置する際はカッコ内の‘event_name’から下を変更することができます。

event_nameはイベントを発生するための行動を任意で設定します。

click(クリック)やtap(タップ)、play(動画の再生)など、わかりやすい名前をつけましょう。

また、event_nameは必ず入力する必要があります。

波カッコ内の変数categoryName、labelName、actual_valueの3つは入力が任意なので、省略してもOKです。

categoryNameはイベントを分類する際の名前、labelNameはさらに細かく分類する際の名前、actual_valueは1回のクリックに対しての価値をそれぞれ設定できます。

以上を踏まえて、「予約用のダイヤルボタンのタップ数」を計測したい場合は、以下のような記述となります。

onClick=”gtag(‘event’, ‘tap’, {‘event_category’: ‘tel’, ‘event_label’: ‘reservation’, ‘value’: ‘0’});”

 

ここまでできたら、次はGoogleアナリティクス上で目標設定を行います。

イベントトラッキングの設定も、通常のコンバージョン設定と同じように「管理→ビュー→目標」から行います。

関連記事

こんにちは、DX攻略部です。ウェブサイトの運営において「コンバージョン」の分析は基本であり欠かすことはできません。Googleアナリティクスでは「コンバージョンレポート」というものがあり、成果につながるウェブ解析が可能です。[…]

赤い「+新しい目標」ボタンを押します。

「目標設定」メニューは任意のものを設定して続行します。

次の「目標の説明」メニューでは、「名前」「目標スロット ID」は好きに設定してOKですが、「タイプ」の項目では「イベント」を選択します。

続行を押すと「目標の詳細」を設定します。

「イベント」タイプを選択していると、「カテゴリ」「アクション」「ラベル」「値」の4つのイベント条件を設定します。

それぞれの項目には、ウェブサイトのHTMLに設置したタグと同じ変数を入力します

例えば設置したタグが「onClick=ga(‘send’, ‘event’, ‘tel’, ‘tap’, ‘reservation’, ‘0’);」の場合であれば、

カテゴリに「tel」、アクションに「tap」、ラベルに「reservation」、値に「0」と入力しましょう。

入力したら下にある「コンバージョンの目標値としてイベント値を使用」を「はい」にして保存します。

これでイベントトラッキングの設定が完了です。

イベントが計測できているか確認する方法

設定したイベントトラッキングの計測結果は、Googleアナリティクスの左メニュー「行動」から見ることができます。

「行動→イベント→ページ」の順に見ていくと、各ページのイベント発生状況を確認することができます。

まとめ

今回はGoogleアナリティクスのイベントトラッキング機能について解説しました。

イベントトラッキングを活用すればユーザーのより複雑な行動も計測できるため、ウェブ解析の幅が広がります。

ぜひ活用してみてください。