DX攻略部がリニューアルしました!

OLAP分析とは?実装方式やOLTPとの違いを詳しく解説

こんにちは、DX攻略部です。

「OLAP分析って聞いたことはあるけど、どんなことをするの?」

OLAP分析にはどんな特徴がある?

データの分析手法は様々存在しますが、OLAP分析という分析手法をご存知でしょうか。

今回の記事では、「OLAP分析とは」というところから、実装方式などについてご紹介していきます。

OLAP分析とは?

OLAP分析とは「Online Analytical Processing」の略であり、データベースに蓄積された膨大なデータを対象として、集計や複雑な分析を行い、使用するユーザーの求める結果を素早く導き出すことが可能です。

OLAP分析の特徴は、多次元データモデルを扱うことが可能な点。

また、複数の軸を持つ多次元のデータをリアルタイムで解析できることも特徴となっています。

BI(ビジネスインテリジェンス)のカテゴリーに属し、組織がよりデータに基づいた意思決定を下すために必要な情報を、瞬時に導き出すことができるため、企業の成長を促進に繋げることができます。

3つの実装方式

OLAP分析には3種類の実装方式があります。

  • MOLAP
  • ROLAP
  • HOLAP

1つずつ見ていきましょう。

MOLAP

MOLAPとは、Multi dimensional OnLine Analytical Processingの略称。

解析の前段階として、事前に情報をバッチ処理で計算し、多次元データベースに格納しておきます。

そうしておくことで、解析のスピード感が圧倒的速くなり、使用するユーザーの求める情報を素早く導き出すことが可能。

しかし結果のレスポンスは早い一方、事前にデータを集計しておく必要があるため、リアルタイム性は損なわれてしまいます。

また、利用には多次元データベースの知識が必須となります。

ROLAP

ROLAPは、Relational OLAPのことを指し、データをRDB(リレーショナルデータベース)と呼ばれるところに格納します。

ROLAPでは、ユーザーからの要求がある度に、データを検索・集計を行うため、MOLAPに比べレスポンススピードは劣ってしまいます。

しかし、MOLAPと異なり、利用するデータを事前に処理する必要がないため、リアルタイムでの分析が可能なところが特徴。

リレーショナルデータベースの知識があれば利用可能です。

HOLAP

HOLAPとは、Hybrid OLAPのことで文字通り、MOLAPとROLAPを組み合わせた方法です。

HOLAPでは、元のデータはRDB(リレーショナルデータベース)に、集計値データは多次元データベースに格納しておきます。

そのため、ユーザーが求める要求へのレスポンスが、集計値データのみで可能な場合にはスピーディーに結果を導き出すことが可能。

また、元データが必要な要求には、RDB側の処理時間がかかってしまうものの、リアルタイムの解析が可能で最新のデータをもとに結果を導き出すことが可能です。

OLAPとOLTPの違い

OLTPとは、On-Line Transaction Processingの略称。

OLTPは、小さいデータを高速処理することに秀でており、大量のアクセスに対して迅速に処理する機能に特化しています。

OLAPとOLTPは、データを処理するという点では同じですが、処理目的が異なっています。

OLAPでは、蓄積された膨大なデータを分析することを目的としていることに対し、OLTPでは基幹システムなどで行われるリアルタイムのデータ処理を目的としています。

前者は、社内のビジネスマンに対する処理であるのに対し、後者はユーザーのアクションに対する即時対応などのためにデータを処理します。

OLAPとDWHの関連性

DWHはデータウェアハウス(Data Warehouse)の略称。

企業運営の中で社内に分散している膨大なデータを、分析できるように整理して保管するシステムのことを指します。

  • 統合管理
  • 時系列で整理可能
  • サブジェクトごとに整理可能

DWHの特徴は上記の3点。

DWHでは、大量のデータを時系列やサブジェクトごとに分類し統合的に管理が可能なため、必要な情報を素早く取り出すことが可能になります。

OLAPとDWHは似ているようで異なり、DWHではデータを恒久的に蓄積していくことが可能ですが、データ分析はできません

その反対に、OLAPではDWHのようにデータを管理することはできませんが、データ分析が可能です。

つまり、DWHで大量のデータを取り扱いやすい形で保存し、OLAPで必要な情報を基に分析する、といった運用を行うことで、両者の強みを活かした運用を実現できるのです。

まとめ

ここまで、OLAP分析についてご紹介いたしました。

OLAP分析には、「MOLAP」「ROLAP」「HOLAP」の3つの実装方式がありますが、それぞれ特徴が異なり、利用が適している状況も異なります。

OLTPやDWHとの違いを理解した上で、OLAP分析を活用することができれば、数値を基にした、より早く正確な意思決定を下すことが可能になり、企業の成長を見込むことができるでしょう。

OLAP分析はBIツールで行うことが可能ですので、この記事を参考に、BIツールの導入を検討してみてはいかがでしょうか。